アカイイトノウメキ

赤い糸の呻き

西澤保彦


在庫あり

定価:842円 (本体価格:780円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング
  • boox

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • hontoで購入する
  • kinoppyで購入する
  • Yondemillで購入する

赤い糸の呻き

ジャンル
国内ミステリ > ミステリ
国内ミステリ > 短編集
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:314ページ
初版:2014年6月20日

ISBN:978-4-488-43811-1
Cコード:C0193
文庫コード:M-に-2-1

装画:諏訪さやか
装幀:水野哲也(Watermark)


内容紹介

白昼、自宅で新聞紙を鷲掴みにして死んでいた男の身に何が起こったのか──。“ぬいぐるみ警部”こと、音無美紀警部のぬいぐるみへの偏愛と事件の対比が秀逸な、犯人当てミステリ「お弁当ぐるぐる」。閉じこめられたエレベーター内で発生した不可能犯罪を劇的に描いた表題作、都筑道夫の〈物部太郎シリーズ〉のパスティーシュ「墓標の庭」など、バラエティー豊かな本格推理五編を収録。意外な展開へ読者を誘う、入魂の傑作短編集。待望の文庫化。解説=戸松淳矩


目次

「お弁当ぐるぐる」
「墓標の庭」
「カモはネギと鍋のなか」
「対(つい)の住処」
「赤い糸の呻き」


西澤保彦

(ニシザワヤスヒコ )

1960年高知県生まれ。アメリカ・エカード大学創作法専修卒。第1回鮎川哲也賞最終候補を経て、95年『解体諸因』でデビュー。〈匠千暁〉シリーズや、〈神麻嗣子〉シリーズ、〈腕貫探偵〉シリーズで人気を博す。近著に『探偵が腕貫を外すとき 腕貫探偵、巡回中』『下戸は勘定に入れません』『さよならは明日の約束』などがある。