シノカイソウセン

死の快走船

大阪圭吉


未刊

定価:1,056円 (本体価格:960円)

※未刊・近刊の商品につきましてはオンライン書店でお取り扱いしていない場合がございます

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

死の快走船

ジャンル
国内ミステリ > 本格ミステリ
国内ミステリ > 短編集
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:448ページ
初版:2020年8月12日

ISBN:978-4-488-43703-9
Cコード:C0193
文庫コード:M-お-2-3

装画:柳智之
装幀:山田英春


内容紹介

白堊館の建つ岬と、その下に広がる藍碧の海。美しい光景を乱すように、海上を漂うヨットからは無惨な死体が発見された……堂々たる本格推理を表題に、早逝の探偵作家の魅力が堪能できる新傑作選。愛憎の末に待つ水中の惨劇を描いた犯罪奇譚「水族館異変」、大晦日の夜更けに町人が集団消失してしまう弓太郎捕物帖「ちくてん奇談」など多彩な作風が窺える十五の佳品を選り抜く。編集・解題=藤原編集室/解説=小野純一


目次

「死の快走船」
「なこうど名探偵」
「塑像」
「人喰い風呂」
「水族館異変」
「求婚広告」
「三の字旅行会」
「愛情盗難」
「正札騒動」
「告知板の女」
「香水紳士」
「空中の散歩者」
「氷河婆さん」
「夏芝居四谷怪談」
「ちくてん奇談」


大阪圭吉

(オオサカケイキチ )

1912年愛知県生まれ。日本大学商業学校卒。32年「人喰い風呂」が大衆雑誌〈日の出〉創刊号の懸賞小説で佳作入選、同年に甲賀三郎の推薦で「デパートの絞刑吏」を〈新青年〉に発表する。〈新青年〉や〈ぷろふいる〉を中心に本格探偵小説を旺盛に執筆して、36年には初の作品集『死の快走船』を刊行。他の著書に『香水夫人』『人間燈台』などがある。43年に応召、45年にフィリピンのルソン島で没する。