ウサギゲンゲコウ

うさぎ幻化行

北森鴻


在庫あり

定価:858円 (本体価格:780円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • hontoで購入する
  • kinoppyで購入する
  • Yondemillで購入する

うさぎ幻化行

ジャンル
国内ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:326ページ
初版:2014年4月25日

ISBN:978-4-488-43411-3
Cコード:C0193
文庫コード:M-き-8-1

装画:中島梨絵
装幀:東京創元社装幀室


内容紹介

急死してしまった義兄・最上圭一が遺した、「うさぎ」にあてた不思議な“音のメッセージ”。圭一から「うさぎ」と呼ばれて可愛がられていたリツ子は、それが環境庁の選定した日本の音風景百選の一部だと気づくが、どこか不自然さを覚える。謎を抱えながら音源を訪ね歩くうちに、リツ子が発見した奇妙な矛盾とは──。音風景を巡る謎を旅情豊かに描いた連作長編、待望の文庫化。解説=西上心太



北森鴻

(キタモリコウ )

1961年山口県生まれ。駒澤大学卒業。編集プロダクション勤務を経て、95年『狂乱廿四孝』で第6回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。99年『花の下にて春死なむ』で第52回日本推理作家協会賞を受賞。香菜里屋シリーズ、冬狐堂シリーズ、蓮丈那智シリーズなど、人気シリーズを数多く手がける。主な著作は『狐罠』『凶笑面』『孔雀狂想曲』『蜻蛉始末』『うさぎ幻化行』など。2010年没。