トケイヲワスレテモリヘイコウ

時計を忘れて森へいこう

光原百合


時計を忘れて森へいこう

ジャンル
国内ミステリ > 青春ミステリ
国内ミステリ > 連作短編集
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:334ページ
初版:2006年6月30日

ISBN:978-4-488-43202-7
Cコード:C0193
文庫コード:M-み-2-2

装画:おおた慶文
装幀:柳川貴代


内容紹介

同級生の謎めいた言葉に翻弄され、担任教師の不可解な態度に胸を痛める翠は、憂いを抱えて清海の森を訪れる。さわやかな風が渡るここには、心の機微を自然のままに見て取る森の護り人が住んでいる。一連の話を材料にその人が丁寧に織りあげた物語を聞いていると、頭上の黒雲にくっきり切れ目が入ったように感じられた。その向こうには、哀しくなるほど美しい青空が覗いていた……。ミステリ作家・光原百合のデビューを飾った心やさしい物語。著者あとがき=光原百合/解説=石黒達昌


光原百合

(ミツハラユリ )

広島県生まれ。大阪大学大学院修了。2002年「十八の夏」で第55回日本推理作家協会賞を受賞。著作に『遠い約束』『時計を忘れて森へ行こう』『最後の願い』『風の交響楽』がある。