ランタントモルマドベデ

ランタン灯る窓辺で

アパートメント・ストーリーズ

吉永南央


在庫あり

定価:799円 (本体価格:740円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング
  • boox

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • hontoで購入する
  • kinoppyで購入する
  • Yondemillで購入する

ランタン灯る窓辺で

ジャンル
国内ミステリ > 青春ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:318ページ
初版:2013年6月14日

ISBN:978-4-488-42212-7
Cコード:C0193
文庫コード:M-よ-3-2

装画:マツオヒロミ
装幀:大野リサ


内容紹介

北関東のとある町にある、外国人向けアパート「ランタン楼」。昔からトラブルが絶えないアパートの歴史に怯えつつ、祖母の代わりに大家業をこなしていく瑞輝。住人の問題と対峙し、彼らの窮状を解決しようと奮闘するうちに、瑞輝の心にも大きな変化が訪れる。ランタン灯る古い洋館風のアパートを舞台に、異国の地で懸命に生きる人々との交流と青年の成長を、優しく綴った連作集。解説=大矢博子
(単行本版タイトル『アンジャーネ』を文庫化・改題)


目次

「1/4」
「ジロ──Jil? Morro Redondo──」
「海亀(ハイグイ)」
「バルザフ」
「テリンノム」
「住人祭──La f?te des voisins──」
「エキストラ」


吉永南央

(ヨシナガナオ )

1964年埼玉県生まれ。群馬県立女子大学卒業。2004年、コーヒー豆と和食器の店を営むおばあちゃん探偵の活躍を優美に描いた「紅雲町のお草」で、第43回オール讀物推理小説新人賞を受賞。2008年1月に受賞作を含む連作短編集『紅雲町ものがたり』を刊行。第一長編は『誘(いざな)う森』。