モリノナカニウメタ

森の中に埋めた

ネレ・ノイハウス
酒寄進一


森の中に埋めた

ジャンル
海外ミステリ > 警察小説
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
刑事オリヴァー&ピア・シリーズ

判型:文庫判
ページ数:700ページ
初版:2020年10月30日

ISBN:978-4-488-27612-6
Cコード:C0197
文庫コード:M-ノ-4-8

写真:imageBROKER/Stefan Arendt/Getty Images
装幀:柳川貴代+Fragment


内容紹介

キャンプ場でキャンピングトレーラーが炎上し、大爆発が起きた。放火の痕跡があり、男の焼死体が見つかる。刑事オリヴァーとピアは捜査を始め、車の持ち主がオリヴァーの知人の母親だと判明するが、余命わずかな彼女が何者かに窒息死(ちつそくし)させられてしまう。さらに新たな殺人が続くが、関係者はオリヴァーの知り合いばかりで……。人間の裏の顔を暴く、圧巻の警察小説シリーズ最新作! 訳者あとがき=酒寄進一


ネレ・ノイハウス

1967年、ドイツ、ミュンスター生まれ。夫が経営するソーセージ工場で働きながら、2005年に初の長篇ミステリUnter Haienを自費出版した。〈刑事オリヴァー&ピア〉シリーズ第一作『悪女は自殺しない』と次作『死体は笑みを招く』も自費出版し、地元の書店で絶大な人気を博す。その後、評判を聞きつけた老舗出版社ウルシュタイン社からの出版が決定し、2009年正式にデビューした。同シリーズにはほかに、『深い疵(きず)』『白雪姫には死んでもらう』『穢(けが)れた風』『悪しき狼』『生者と死者に告ぐ』『森の中に埋めた』『母の日に死んだ』がある。


酒寄進一

(サカヨリシンイチ )

ドイツ文学翻訳家。主な訳書にイーザウ〈ネシャン・サーガ〉シリーズ、フォン・シーラッハ「犯罪」「罪悪」「刑罰」、ノイハウス「深い疵(きず)」「白雪姫には死んでもらう」「穢(けが)れた風」「悪しき狼」「生者と死者に告ぐ」「森の中に埋めた」「母の日に死んだ」他多数。