シラユキヒメニハシンデモラウ

白雪姫には死んでもらう

ネレ・ノイハウス
酒寄進一


白雪姫には死んでもらう

ジャンル
海外ミステリ > 警察小説
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
刑事オリヴァー&ピア・シリーズ

判型:文庫判
ページ数:574ページ
初版:2013年5月31日

ISBN:978-4-488-27606-5
Cコード:C0197
文庫コード:M-ノ-4-2

写真:Yo/STOCK4B/Getty Images
装幀:柳川貴代+Fragment


内容紹介

空軍基地跡地の燃料貯蔵槽から人骨が発見された。検死の結果、11年前の連続少女殺害事件の被害者だと判明。折しも、犯人として逮捕された男が刑期を終え、故郷に戻っていた。彼は冤罪だと主張しつづけていたが村人たちに受け入れられず、暴力をふるわれ、母親まで歩道橋から突き落とされてしまう。捜査にあたる刑事オリヴァーとピア。人間のおぞましさと魅力を描いた衝撃の警察小説! ドイツで 350万部突破のシリーズ最新作! 解説=福井健太

*第7位『IN★POCKET』2013文庫翻訳ミステリーベスト10/読者部門
*第14位『ミステリが読みたい!2014年版』海外編
*第17位『週刊文春 2013年ミステリーベスト10』海外編


ネレ・ノイハウス

1967年、ドイツ、ミュンスター生まれ。夫が経営するソーセージ工場で働きながら、2005年に初の長篇ミステリUnter Haienを自費出版した。〈刑事オリヴァー&ピア〉シリーズ第一作『悪女は自殺しない』と次作『死体は笑みを招く』も自費出版し、地元の書店で絶大な人気を博す。その後、評判を聞きつけた老舗出版社ウルシュタイン社からの出版が決定し、2009年正式にデビューした。同シリーズにはほかに、『深い疵(きず)』『白雪姫には死んでもらう』『穢(けが)れた風』『悪しき狼』『生者と死者に告ぐ』『森の中に埋めた』『母の日に死んだ』がある。


酒寄進一

(サカヨリシンイチ )

ドイツ文学翻訳家。主な訳書にイーザウ〈ネシャン・サーガ〉シリーズ、フォン・シーラッハ「犯罪」「罪悪」「刑罰」、ノイハウス「深い疵(きず)」「白雪姫には死んでもらう」「穢(けが)れた風」「悪しき狼」「生者と死者に告ぐ」「森の中に埋めた」「母の日に死んだ」他多数。