コビトサツジンジケン

こびと殺人事件

クレイグ・ライス
山田順子


こびと殺人事件

ジャンル
海外ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
ジョン・J・マローン弁護士シリーズ

判型:文庫判
ページ数:413ページ
初版:1994年5月20日

ISBN:978-4-488-24904-5
Cコード:C0197
文庫コード:M-ラ-1-4

装画:佐々木悟郎
装幀:矢島高光


内容紹介

改装なったナイトクラブ《カジノ》で、看板スターのこびとが殺された――サイズのばらばらな11本のストッキングで、くびを吊られて。ジャスタス夫妻と友人マローンは、死体をコントラバスのケースに入れて運び出そうともくろむが、目を離した隙にケースは紛失、事件は予想外の方向にころがりだす。シリーズ中期の傑作を、待望の新訳決定版で贈る!


クレイグ・ライス

1908年シカゴ生まれのミステリ作家。さまざまな職業を経た後、豊富な職業経験を生かして執筆活動を続けた。代表作は本書に始まるシカゴの酔いどれ弁護士マローンのシリーズ。1957年没。


山田順子

(ヤマダジュンコ )

1948年福岡県生まれ。立教大学社会学部社会学科卒業。主な訳書にアーモンド『肩胛骨は翼のなごり』『ミナの物語』、キング『スタンド・バイ・ミー』、プルマン『マハラジャのルビー』、マーヒー『マディガンのファンタジア』『不完全な魔法使い』、アンソニー〈魔法の国ザンス〉シリーズなど。