ノウサギヲイタムハル

野兎を悼む春

アン・クリーヴス
玉木亨


野兎を悼む春

ジャンル
海外ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
シェトランド四重奏

判型:文庫判
ページ数:492ページ
初版:2011年7月29日

ISBN:978-4-488-24507-8
Cコード:C0197
文庫コード:M-ク-13-3

装画:松田真由美
装幀:柳川貴代+Fragment


内容紹介

シェトランド署のサンディ刑事は、帰省したウォルセイ島で、祖母ミマの遺体の第一発見者となってしまう。ウサギを狙った銃に誤射されたように見えるその死に、漠然とした疑惑を抱いた上司のペレス警部はサンディとふたりで、彼の親族や近くで遺跡を発掘中の学生らに接触し、事情を探ることに……濃密な人間関係を有する小さな島で起きた死亡事件の真相は? 現代英国ミステリの珠玉〈シェトランド四重奏〉第三章。解説=三橋曉

*第4位『2012本格ミステリ・ベスト10』海外ランキング


アン・クリーヴス

作家。1954年英西部ヘレフォード生まれ。1986年 A BIRD IN THE HAND でデビュー。2002年、「運転代行人」がCWA最優秀短編賞の候補になる。2006年、『大鴉の啼く冬』でCWA最優秀長編賞を受賞。


玉木亨

(タマキトオル )

1962年東京都生まれ。慶応大学経済学部卒。英米文学翻訳家。主な訳書にブルックマイア『楽園占領』、ブリンコウ『マンチェスター・フラッシュバック』、クリーヴス『大鴉の啼く冬』がある。