アクマハスグソコニ

悪魔はすぐそこに

D・M・ディヴァイン
山田蘭


悪魔はすぐそこに

ジャンル
海外ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:410ページ
初版:2007年9月28日

ISBN:978-4-488-24003-5
Cコード:C0197
文庫コード:M-テ-7-1

写真:(C)NAOKO TOMITA/A.collection/amanaimages
装幀:岩郷重力+WONDER WORKZ。


内容紹介

ハードゲート大学の数学講師ピーターは、横領容疑で免職の危機にある亡父の友人ハクストンに助力を乞われた。だが審問の場でハクストンは、教授たちに脅迫めいた言葉を吐いたのち変死する。次いで図書館で殺人が起き、名誉学長暗殺を仄めかす手紙が舞い込む。相次ぐ事件は、ピーターの父を死に追いやった8年前の醜聞が原因なのか。クリスティが絶賛した技巧派が贈る傑作、本邦初訳。解説=法月綸太郎

*第2位『2008 本格ミステリ・ベスト10』/海外ランキング
*第3位CSミステリチャンネル「闘うベストテン2007」/海外部門
*第5位『このミステリーがすごい!2008年版』/海外編
*第8位『IN★POCKET』文庫翻訳ミステリーベスト10/作家部門
*第10位『IN★POCKET』文庫翻訳ミステリーベスト10/総合部門



D・M・ディヴァイン

1920年スコットランド生まれ。大学職員時代、英国有数のミステリ出版社コリンズ社の探偵小説コンクールに投じた『兄の殺人者』がアガサ・クリスティから高く評価され、執筆活動に入る。デビュー以降もアントニイ・バウチャー、H・R・F・キーティングら具眼の士より絶賛される、極めて完成度の高い本格作品をものした。死後出版の『ウォリス家の殺人』を含め、その生涯で13作の推理小説を発表した。1980年没。