レイチェル

レイチェル

ダフネ・デュ・モーリア
務台夏子


レイチェル

ジャンル
海外ミステリ > サスペンス
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:502ページ
初版:2004年6月30日

ISBN:978-4-488-20603-1
Cコード:C0197
文庫コード:M-テ-6-2

装画:山中ヒコ
装幀:柳川貴代


内容紹介

亡き父に代わり、わたしを育てた従兄アンブローズが、イタリアで結婚し、そして急逝した。わたしは彼の妻だったレイチェルを、顔も知らぬまま恨んだが、彼女に会うやいなや、心を奪われる。財産を相続したら、レイチェルを妻に迎えよう。が、遺された手紙が、その想いに影を落とす……アンブローズは彼女に殺されたのか? 壮麗な庭園を背景に、せめぎあう恋と疑惑。もうひとつの『レベッカ』として世評高い傑作,新訳でここに復活。訳者あとがき=務台夏子



ダフネ・デュ・モーリア

1907年ロンドン生まれ。祖父が高名な作家で画家、父が舞台俳優兼演出家、母が舞台女優という芸術家一家の三人姉妹の次女として生まれる。1931年作家デビュー、1938年の『レベッカ』が世界的なベストセラーとなった。コーンウォールの荒々しい自然を愛し、夫との間に三人の子供をもうけた。1989年没。