トリ

デュ・モーリア傑作集

ダフネ・デュ・モーリア
務台夏子


鳥

ジャンル
海外ミステリ > バラエティ
海外ミステリ > 短編集
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:552ページ
初版:2000年11月17日

ISBN:978-4-488-20602-4
Cコード:C0197
文庫コード:M-テ-6-1



内容紹介

ある日突然、人間を攻撃しはじめた鳥の群れ。彼らに何が起きたのか? ヒッチコックの映画で有名な表題作をはじめ、恐ろしくも哀切なラヴ・ストーリー「恋人」、奇妙な味わいの怪談「林檎の木」、貴婦人が自殺した真の理由を私立探偵が追う「動機」など物語の醍醐味溢れる中短編8編を収録。『レベッカ』と並び称される代表作、初の完訳。解説=千街晶之

●鴻巣友季子氏推薦――「完璧という語はこういう短編のためにある。映画を変えたヒッチコックを変えたのだ。」


目次

「恋人」
「鳥」
「写真家」
「モンテ・ヴェリタ」
「林檎の木」
「番(つがい)」
「裂けた時間」
「動機」


ダフネ・デュ・モーリア

1907年ロンドン生まれ。祖父が高名な作家で画家、父が舞台俳優兼演出家、母が舞台女優という芸術家一家の三人姉妹の次女として生まれる。1931年作家デビュー、1938年の『レベッカ』が世界的なベストセラーとなった。コーンウォールの荒々しい自然を愛し、夫との間に三人の子供をもうけた。1989年没。