シセイノサツジンシャ

刺青の殺人者

アンドレアス・グルーバー
酒寄進一


刺青の殺人者

ジャンル
海外ミステリ > ミステリ
海外ミステリ > 警察小説
海外ミステリ > サスペンス
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:558ページ
初版:2017年4月14日

ISBN:978-4-488-16008-1
Cコード:C0197
文庫コード:M-ク-19-4

写真:Velishchuk Yevhen/Shutterstock Kseniia Perminova/Shutterstock
装幀:東京創元社装幀室/フォーマット:本山木犀


内容紹介

全身の骨が折られ、血が抜かれた若い女性の遺体。娘殺しの犯人をつきとめ、行方不明のもうひとりの娘を探し出そうとする母親。ドイツで爆発的な人気。『夏を殺す少女』続編。


アンドレアス・グルーバー

1968年ウィーン生まれ。90年代半ばに作家デビューしてから短編作家として鳴らし、ドイツ幻想文学賞短編部門、ヴィンセント賞短編部門など、ドイツ語圏の文学賞の短編部門で何度も受賞し、ノミネート作品も多い。2005年から長編を書きだし、2011年に出版された『夏を殺す少女』で「オーストリアから世界に通用する作家が生まれた」と評判に。現在では押しも押されもせぬミステリ作家としての地歩を築いている。


酒寄進一

(サカヨリシンイチ )

1958年生まれ。ドイツ文学翻訳家。上智大学、ケルン大学、ミュンスター大学に学び、新潟大学講師を経て和光大学教授。主な訳書に、イーザウ《ネシャン・サーガ》シリーズ、ブレヒト『三文オペラ』、ヴェデキント『春のめざめ――子どもたちの悲劇』、セシェ『囀る魚』、シーラッハ『犯罪』『罪悪』『テロ』、ノイハウス『深い疵』、グルーバー『夏を殺す少女』『刺青の殺人者』ほか多数。