第17回ミステリーズ!新人賞受賞作収録

カゲフミテイノカイダン

影踏亭の怪談

大島清昭


在庫僅少

定価:1,870円 (本体価格:1,700円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • Book Liveで購入する
  • BOOK☆WALKERで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • Googleブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • ibooksで購入する
  • kinoppyで購入する
  • 楽天koboで購入する
  • Readerstoreで購入する
  • Yondemillで購入する

影踏亭の怪談

ジャンル
国内ミステリ > ミステリーズ!新人賞
ホラー > 連作短編集

判型:四六判仮フランス装
ページ数:266ページ
初版:2021年8月27日

ISBN:978-4-488-02842-8
Cコード:C0093

装画:げみ
装幀:東京創元社装幀室


内容紹介

僕の姉は実話怪談作家だ。本名にちなんだ「呻木叫子」というふざけた筆名で、専攻していた民俗学でのフィールドワークの経験を生かしたルポルタージュ形式の作品を発表している。ある日姉の自宅を訪ねた僕は、密室の中で両瞼を己の髪で縫い合わされて昏睡する姉を発見する。この常識を超えた怪現象は、取材中だった旅館〈K亭〉に出没する霊と関連しているのか? 調査のため〈K亭〉こと影踏亭を訪れた僕は、深夜に発生した奇妙な密室殺人の第一発見者となってしまう──第十七回ミステリーズ!新人賞受賞作ほか全四編を収録する、怪談×ミステリの最前線。


目次

「影踏亭の怪談」
「朧トンネルの怪談」
「ドロドロ坂の怪談」
「冷凍メロンの怪談」


大島清昭

(オオシマキヨアキ )

1982年栃木県生まれ。筑波大学大学院修士課程修了。研究者として幽霊・妖怪について論考を発表するかたわら、2020年、怪異と謎解きのバランスの新しさを高く評価された「影踏亭の怪談」で第17回ミステリーズ!新人賞を受賞。主な著書に『現代幽霊論』『Jホラーの幽霊研究』、共著に〈怪談オウマガドキ学園〉シリーズがある。