スウェーデンノホイクエンニタイキジドウハイナイ

スウェーデンの保育園に待機児童はいない

移住して分かった子育てに優しい社会の暮らし

久山葉子


スウェーデンの保育園に待機児童はいない

ジャンル
ノンフィクション・その他 > エッセイ

判型:四六判並製
ページ数:268ページ
初版:2019年6月21日

ISBN:978-4-488-02799-5
Cコード:C0077

装画:大塚砂織
装幀:藤田知子


内容紹介

1歳の娘の理想の子育て環境を求めて、9年前、家族3人で東京からスウェーデンへ移住した著者。スウェーデンの保育園に持っていくものは? 育児休暇は何日とれて、その間のお給料は? スウェーデンのママたちに教わった手抜きメニューって? 実際に日本から移住した著者だから書ける、スウェーデンで暮らして良かったところ、悪かったところ。無理なく共働きで子育てできるとされる国での移住・子育て・日常生活を綴った、楽しく気軽に読めるエッセイ。


目次

はじめに

スウェーデンに移住を決める
東京での共働き生活
移住先はどこに?
高まる移住への不安
東京を引き払う
【コラム】スウェーデン語って?

見知らぬ街での新生活
これから暮らす街に到着……
スンツヴァルってどんな街?
引っ越し後の手続きとアパート探し
民間の託児施設がない!?
二度目の育児休業生活
洗濯事件とスウェーデンの三大タブー
スウェーデンの週末の過ごし方
専業主婦イコール失業者
意を決して起業!
これがうわさのフィーカ(お茶)タイム
やっと春に
【コラム】Gumman

とうとう保育園に入園!
テンションの低い娘
持ち物がない!?
入園式のない入園日
あくまでマイペースな慣らし保育
慣らし保育期間終了、のはずが……
親も試練のとき
やっと慣れてきた日常
保育園での一日
ヴァルプルギスの夜
慣れたと思ったら長い長い夏休み
娘とスウェーデン語
数少ない保育園のイベント
保育園は何を学ぶところ?
子供主体のプロジェクト
保育園の先生たちの労働環境
【コラム】Mysig

スウェーデンで子育てするということ
スウェーデンに来て楽になったこととは
慣れない海外暮らしにやられる
スウェーデン式子育てに思うこと
スウェーデンのお誕生日会
離婚率の高さ
なぜ男も家事ができるのか
ママ友がいない!
転勤のない社会
風邪は寝て治せ
スウェーデンの病院事情
育児休業とVABについて
子育てとキャリア形成の両立例
夢の一軒家購入
ついに見つけた!
かくして引っ越しへ
そして保育園卒業
【コラム】Lagom

本当のところ、スウェーデンって住みやすいの?
この本の最後に
スウェーデンの女性はなぜ働くのか
隠された専業主婦願望
それではスウェーデンは本当に男女平等か?
消費者の我慢の上に成り立つ快適な社会
地方暮らしで得たもの
子供は社会が育てるもの──スウェーデン人のお金の使い道

あとがき



久山葉子

(クヤマヨウコ )

1975年兵庫県生まれ。神戸女学院大学文学部英文科卒業。スウェーデン在住。主な訳書にペーション『許されざる者』、マークルンド『ノーベルの遺志』、カッレントフト『冬の生贄』、ランプソス&スヴァンベリ『生き抜いた私 サダム・フセインに蹂躙され続けた30年間の告白』などがある。