ニンギョハソラニカエル

人魚は空に還る

  【単行本版】

三木笙子


人魚は空に還る

ジャンル
国内ミステリ > 連作短編集
国内ミステリ > ミステリーズ!新人賞
レーベル
ミステリ・フロンティア

判型:四六判仮フランス装
ページ数:232ページ
初版:2008年8月29日

ISBN:978-4-488-01738-5
Cコード:C0093

装画:下村富美
装幀:岩郷重力+WONDER WORKZ。


内容紹介

「しずくは観覧車に乗りたい」富豪の夫人に売られてゆくことが決まり、最後の願いを口にした見世物小屋の人魚は、観覧車の客車から泡となって消えた。水神の怒りに触れて浅草は水中に沈んだのか。いや、地上という水底から人魚がその身を縛るもののない空へと還っていったのか――(表題作)。
心優しき雑誌記者と超絶美形の天才絵師、ふたりの青年が贈る帝都探偵物語。明治の世に生きるふたりの青年の交流をあたたかに描いた、新鋭の人情味あふれるデビュー作品集。


目次

「点灯人」
「真珠生成」
「人魚は空に還る」
「怪盗ロータス」



三木笙子

(ミキショウコ )

1975年秋田県生まれ。第2回ミステリーズ!新人賞の最終候補作を改稿・連作化した『人魚は空に還る』で2008年、デビュー。