コトリトオオカミノゲーム

小鳥と狼のゲーム

Uボートに勝利した海軍婦人部隊と秘密のゲーム

サイモン・パーキン
野口百合子


未刊

定価:2,860円 (本体価格:2,600円)

※未刊・近刊の商品につきましてはオンライン書店でお取り扱いしていない場合がございます

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

小鳥と狼のゲーム

ジャンル
ノンフィクション・その他 > 評論・研究

判型:四六判上製
ページ数:368ページ
初版:2022年1月28日

ISBN:978-4-488-00396-8
Cコード:C0036

写真:Popperfoto/Getty Images
装幀:山田英春


内容紹介

1941年、イギリスは敗北の瀬戸際にあった。アメリカなどから食料や燃料を運ぶ輸送船がドイツ軍のUボートによって次々と撃沈され、飢餓で戦争継続が不可能になりつつあったのだ。この窮状を打破するため、一度は海軍を去った退役中佐ギルバート・ロバーツに白羽の矢が立った。彼の任務は、Uボートの作戦行動の秘密を探り、有効な対抗手段を考案し、それを大西洋を航行する艦長たちに伝授すること。そんな困難な任務を可能にしたのは、戦場から遠く離れた司令部でプレーされたボードゲームと、有能な若き海軍婦人部隊員たちの存在だった──。映画化決定、サスペンスフルな傑作ノンフィクション!


サイモン・パーキン

ジャーナリストとして〈ニューヨーカー〉〈ガーディアン〉などで活躍したのち、2015年に初めてのノンフィクション作品である、インターネット・ゲームなどをテーマにしたDeath by Video Game: Tales of Obsession from the Virtual Frontlineを発表する。2019年に『小鳥と狼のゲーム──Uボートに勝利した海軍婦人部隊と秘密のゲーム』を刊行。最新刊は2022年に発表の、ナチス・ドイツからの亡命者などをスパイ容疑で拘束したイギリスの収容所を描くThe Island of Extraordinary Captives: A true story of an artist, a spy,and a wartime scandal。