ワタシノマチハセンジョウニナッタ

わたしの町は戦場になった

シリア内戦下を生きた少女の四年間

ミリアム・ラウィックフィリップ・ロブジョワ
大林薫


わたしの町は戦場になった

ジャンル
ノンフィクション・その他 > 人文科学

判型:四六判仮フランス装
ページ数:248ページ
初版:2018年10月26日

ISBN:978-4-488-00389-0
Cコード:C0036

写真:(C)Francois Thomas
装幀:中村聡


内容紹介

2016年12月、シリア内戦の取材のためアレッポを訪れたジャーナリストのフィリップ・ロブジョワ。そこで彼は、ミリアムという13才の少女に出会う。彼女は内戦下の生活を日記に綴っており、アレッポで起きた出来事を世界に伝えることを望んでいた。校舎の近くに落ちる爆弾。スナイパーに狙われる通学路。戦闘下で子どもたちが生きていくとはどういうことなのか。一人の少女が、内戦下の日々を曇りなき目で綴った21世紀版『アンネの日記』。