イトシノクレメンタイン

愛しのクレメンタイン

アンドリュー・クラヴァン
芹澤恵


愛しのクレメンタイン

ジャンル
一般文芸 > 一般文芸

判型:文庫判
ページ数:322ページ
初版:2002年7月5日

ISBN:978-4-488-80202-8
Cコード:C0197
文庫コード:C-ク-1-1

装画:矢島高光
装幀:矢島高光


内容紹介

詩人のサマンサは精神分析医のカウンセリングを受けつつ、〈いのちの電話〉の相談員をこなす身の上。ある日地区検事局に勤めるクレメンタイン一族の息子と出逢い、結婚することになるが……。繊細奔放な女性詩人が辿ってきた心の旅路。真正直でいて矛盾に満ちた現在の内面。ミステリの名手が書いていた瑞々しい感動の物語!


アンドリュー・クラヴァン/キース・ピータースン

アメリカの作家。1954年生。ニューヨーク生まれのピータースンは、〈ヴィレッジ・ヴォイス〉紙に常連寄稿する傍ら、小説を書きだした。弟と合作したマーガレット・トレイシー名義の『切り裂き魔の森』でMWA賞を受賞。再びMWA賞を得た『夏の稲妻』を含む記者ウェルズ物はハードボイルドの逸品として名高い。本名のクラヴァン名義では『真夜中の死線』が圧巻。読者を翻弄する才筆の持ち主だ。