エコープラクシア ハンキョウドウサ

エコープラクシア 反響動作〈下〉

ピーター・ワッツ
嶋田洋一


エコープラクシア 反響動作〈下〉

ジャンル
SF > ハードSF
レーベル
創元SF文庫

判型:文庫判
ページ数:290ページ
初版:2017年1月27日

ISBN:978-4-488-74604-9
Cコード:C0197
文庫コード:SF-ワ-3-4

装画:加藤直之
装幀:岩郷重力+WONDER WORKZ。


内容紹介

星雲賞ほか全世界7冠制覇『ブラインドサイト』の続編登場!

太陽近傍のイカロス衛星網に向かった宇宙船を待ち受ける「小惑星群(アステロイド)の天使」。そして集合精神教団、吸血鬼、ベースラインと呼ばれる現生人類の三つ巴の抗争に、さらなる謎の勢力の影が――超越知性たちの熾烈な生存戦略チェス・ゲームの攻防は、壮絶なる終幕に至る。盤上に生き残るのは何者か? 星雲賞など全世界7冠制覇『ブラインドサイト』の語られざる事実がついに明らかに。本編の序章となる短編「大佐」も特別収録。また、簡易なシリーズ用語集と作中年表も巻末に付した。解説=渡邊利道



嶋田洋一

(シマダヨウイチ )

1956年生まれ。 静岡大学人文学部卒、翻訳家。主な訳書に、ピーター・ワッツ『ブラインドサイト』『エコープラクシア 反響動作』、マイクル・フリン『異星人の郷』、M・M・スミス『みんな行ってしまう』、ダン・シモンズ『ザ・テラー』ほか多数。