ショウワクセイハイジャック

小惑星ハイジャック

ロバート・シルヴァーバーグ
伊藤典夫


未刊

定価:858円 (本体価格:780円)

※未刊・近刊の商品につきましてはオンライン書店でお取り扱いしていない場合がございます

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

小惑星ハイジャック

ジャンル
SF > SF
レーベル
創元SF文庫

判型:文庫判
ページ数:208ページ
初版:2021年4月30日

ISBN:978-4-488-64906-7
Cコード:C0197
文庫コード:SF-シ-3-5

装画:緒賀岳志
装幀:岩郷重力+T.K


内容紹介

宇宙開発の発展に伴い、資源の宝庫たる小惑星帯は採掘ブームに沸いた。24歳の主人公も大企業の就職を断わり2年の期限で宇宙に出る。最後の最後に大鉱脈をもつ小惑星を発見、人生は順風満帆……のはずが、地球へ帰ると彼の小惑星登記記録はなく、そもそも地球人の中に彼は存在しないことになっていた。だがそれも、彼の途方もない旅の始まりにすぎなかった。巨匠の若き日の傑作。訳者あとがき=伊藤典夫


ロバート・シルヴァーバーグ

Robert Silverberg

1935年、ニューヨーク州生まれ。10歳よりSFを愛読し、翌年には自らファンジンを発行、また54年、コロンビア大学在学中に短編が〈ネビュラ〉誌に掲載され作家デビューする。55年、20歳で第一長編となるジュヴナイルSFを上梓、56年にはヒューゴー賞新人部門を受賞した。以後の膨大な執筆量で“小説工場”の異名をとる。60年代後半よりシリアスな作品を発表しはじめ、以降“ニュー・シルヴァーバーグ”と呼ばれる。代表作に星雲賞受賞作『時間線をのぼろう』、ヒューゴー賞受賞作『夜の翼』、ネビュラ賞受賞作『禁じられた惑星』、ローカス賞受賞作『ヴァレンタイン卿の城』などがある。科学ノンフィクションも多数発表している。


伊藤典夫

(イトウノリオ )

1942年、静岡県浜松市生まれ。英米文学翻訳家。主な訳書にクラーク『2001年宇宙の旅』、オールディス『地球の長い午後』、ブラッドベリ『華氏451度』、カート・ヴォネガット・ジュニア
『猫のゆりかご』、ディレイニー『ノヴァ』ほか多数。