ウチュウセンビーグルゴウノボウケン

宇宙船ビーグル号の冒険

  【新版】

A・E・ヴァン・ヴォークト
沼沢洽治


宇宙船ビーグル号の冒険

ジャンル
SF > スペースオペラ
レーベル
創元SF文庫

判型:文庫判
ページ数:364ページ
初版:1964年2月5日
改版:2017年7月28日

ISBN:978-4-488-60917-7
Cコード:C0197
文庫コード:SF-ウ-3-1

装画:加藤直之
装幀:岩郷重力+T.K


内容紹介

巨大宇宙船ビーグル号は科学者と軍人千名を乗せ、無窮の宇宙の探索に出発した。だが行く手には人類の想像を超えた恐るべき怪物たちが待ち構えていた。荒廃した惑星を彷徨する凶暴で狡知にたけた猫型生命ケアル、宇宙空間で棲息可能なイクストル。彼らを相手に人類は科学の粋を凝らして死闘を展開する。オールタイム・ベスト宇宙SF! 解説=中村融


A・E・ヴァン・ヴォークト

1912年カナダ・マニトバ州生まれ。1940年代前半から活躍し、『スラン』(1946)、『非(ナル)Aの世界』(1948)、『宇宙船ビーグル号の冒険』(1950)などの傑作を著した。P・K・ディックやハーラン・エリスンら後進に多大な影響を及ぼし、またフランスではボリス・ヴィアンに愛読されるなど人気を博した。その功績を称えられ、95年にはアメリカSFファンタジー作家協会(SFWA)からグランド・マスター賞を贈られ、96年のワールドコンでは特別賞を授与された。2000年没。2012年には生地カナダで、その名を冠したA・E・ヴァン・ヴォークト賞が創設された。


沼沢洽治

(ヌマサワコウジ )

1932年東京生まれ。東京大学文学部英文学科卒。主な訳書に、ヴァン・ヴォークト『宇宙船ビーグル号の冒険』『イシャーの武器店』『非Aの傀儡』、ベスター『分解された男』、クラーク『地球幼年期の終わり』ほか。2007年歿。