オカノヤシキ

丘の屋敷

シャーリイ・ジャクスン
渡辺庸子


丘の屋敷

ジャンル
ホラー > ホラー
レーベル
創元推理文庫(F)

判型:文庫判
ページ数:332ページ
初版:1999年6月18日
改版:2008年10月10日

ISBN:978-4-488-58303-3
Cコード:C0197
文庫コード:F-シ-5-1

装画:合田ノブヨ
装幀:柳川貴代+Fragment


内容紹介

「この屋敷の本質は“邪悪”だとわたしは考えている」心霊学者モンタギュー博士の調査のため、幽霊屋敷と恐れられる〈丘の屋敷〉に招かれた3人の協力者。子供部屋の異様な冷気、血塗れの床、壁に書かれる「エレーナ、うちに、かえりたい」の文字――。次々と怪異が起きる屋敷に、協力者の一人、エレーナは次第に魅了されてゆく。恐怖小説の古典的傑作。(初刊時題名『たたり』を改題)


シャーリイ・ジャクスン

アメリカの作家。1916年、カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。48年、長編The Road Through The Wallで本格的にデビュー。また、同年〈ニューヨーカー〉誌に発表した短編「くじ」が大きな評判を呼ぶ。著作に、『丘の屋敷』、『ずっとお城で暮らしてる』、『なんでもない一日』、エッセイ『野蛮人との生活』などがある。65年没。