マジンノチ

魔人の地

嵐の王1

カイ・マイヤー
酒寄進一遠山明子


在庫なし

定価:1,296円 (本体価格:1,200円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング
  • boox

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • Book Liveで購入する
  • BOOK☆WALKERで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • Googleブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • ibooksで購入する
  • kinoppyで購入する
  • 楽天koboで購入する
  • Readerstoreで購入する
  • Yondemillで購入する

魔人の地

ジャンル
ファンタジイ > ファンタジイ
レーベル
創元推理文庫(F)

判型:文庫判
ページ数:386ページ
初版:2015年12月11日

ISBN:978-4-488-55403-3
Cコード:C0197
文庫コード:F-マ-11-1

装画:佐竹美保
装幀:大野リサ


内容紹介

サマルカンド一の絨緞乗りターリクは、絨緞競争の最中に助けた謎めいた女に、絨緞でカリフの治めるバグダッドに行ってくれないかともちかけられる。だが、街の外に広がる砂漠には恐ろしい魔人がいる。いったんは断ったものの、たったひとりの弟が女の口車に乗せられてバグダッドに向かうのを知り、慌ててあとを追う。砂漠に花開く白亜の街、不気味な魔人、翼ある象牙の馬……千夜一夜的世界を舞台にした魔法ファンタジー三部作開幕。訳者あとがき=酒寄進一



カイ・マイヤー

1969年ドイツ、リューベック生まれ。大学で映画、演劇、哲学を学び、ジャーナリストを経て作家に。1993年Der Kreuzworträtsel-Mörderでデビュー。ドイツの伝承を題材にした怪奇幻想文学で知られるようになる。その後ファンタジー系の児童文学を相次いで発表。『鏡のなかの迷宮』『氷の心臓』などが、日本でも翻訳刊行されている。現在はドイツ中部のラインラント在住。


酒寄進一

(サカヨリシンイチ )

1958年生まれ。ドイツ文学翻訳家。上智大学、ケルン大学、ミュンスター大学に学び、新潟大学講師を経て和光大学教授。主な訳書に、イーザウ《ネシャン・サーガ》シリーズ、ブレヒト『三文オペラ』、ヴェデキント『春のめざめ――子どもたちの悲劇』、セシェ『囀る魚』、シーラッハ『犯罪』『罪悪』『テロ』、ノイハウス『深い疵』、グルーバー『夏を殺す少女』『刺青の殺人者』ほか多数。