ボウキャクジョウ エンリュウノホウギョク

忘却城  炎龍の宝玉

鈴森琴


忘却城  炎龍の宝玉

ジャンル
ファンタジイ > ファンタジイ
レーベル
創元推理文庫(F)

判型:文庫判
ページ数:468ページ
初版:2020年5月22日

ISBN:978-4-488-52906-2
Cコード:C0193
文庫コード:F-す-1-3

装画:アリストレーター
装幀:大野リサ


内容紹介

死者を蘇(よみがえ)らせる術で発展した亀珈王国(かめのかみかざりおうこく)。儒艮(じゅごん)が塾を開くために買ったのは札付きの幽霊屋敷で、引っ越し早々怪奇現象が起きていた。そんな折、瀕死(ひんし)の炎龍(えんりゅう)が飛来し、王都は大混乱に。王国にとって炎龍は至高の存在。急遽、龍語を解する界人(さかいびと)の儒艮が通訳に指名される。彼は大切な家族となった金魚小僧(きんぎょこぞう)のため、ある目的を胸に、引き受けるが……。〈忘却城〉シリーズ第三巻。著者あとがき=鈴森琴/解説=井辻朱美



鈴森琴

(スズモリコト )

東京都出身。玉川大学文学部卒業。2018年、『忘却城』(応募時のタイトルは『忘却城の界人(さかいびと)』)が第3回創元ファンタジイ新人賞佳作に選出される。