ボウキャクジョウ キテイニョノナミダ

忘却城  鬼帝女の涙

鈴森琴


忘却城  鬼帝女の涙

ジャンル
ファンタジイ > ファンタジイ
レーベル
創元推理文庫(F)

判型:文庫判
ページ数:474ページ
初版:2019年7月12日

ISBN:978-4-488-52905-5
Cコード:C0193
文庫コード:F-す-1-2

装画:アリストレーター
装幀:大野リサ


内容紹介

死者を蘇(よみがえ)らせる術で発展した亀珈王国(かめのかみかざりおうこく)。名付け師が居を構える霊昇山(れいしょうさん)に、死者の代弁機関、夢無鵡(さんむ)予言院から使者が訪れる。二十四大鬼の一体に不穏な動きがあり、退魔(たいま)を要請したいというのだ。名乗りをあげたのは百人の御子(おこ)のひとり、才はあるが病弱な千魘神(せんえんしん)だった。同行するのは、牢から放たれ、霊昇山に身を寄せる王族殺しの大罪人・曇龍(ウォウロン)。果たして大鬼(おおおに)退治は成功するのか。



鈴森琴

(スズモリコト )

東京都出身。玉川大学文学部卒業。2018年、『忘却城』(応募時のタイトルは『忘却城の界人(さかいびと)』)が第3回創元ファンタジイ新人賞佳作に選出される。