ベンゴシアイゼンベルク

弁護士アイゼンベルク

アンドレアス・フェーア
酒寄進一


弁護士アイゼンベルク

ジャンル
海外ミステリ > 法廷もの
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:514ページ
初版:2018年4月27日

ISBN:978-4-488-29004-7
Cコード:C0197
文庫コード:M-フ-37-1

写真:John Freeman/Getty Images Hoxton/Martin Barraud/Getty Images
装幀:中村聡


内容紹介

凄腕の女性刑事弁護士アイゼンベルクは、ホームレスの少女から弁護を依頼される。友人のホームレスの男が、女性の殺害容疑で逮捕された件だという。驚いたことに、彼はアイゼンベルクの元恋人だった。物理学教授の彼がなぜホームレスになり、殺人の被疑者に? 二転三転する事態と熾烈な裁判の果てに明らかになる、あまりに意外な真実。一気読み必至の傑作エンターテインメント! 解説=川出正樹


アンドレアス・フェーア

1958年、ドイツのバイエルン州生まれ。バイエルン州の放送メディアで法律関係の職務に携わりながら、1991年からミステリ・ドラマの脚本家として活躍する。2009年に発表したデビュー作Der Prinzess-innenmörder(お姫様殺し)でフリードリヒ・グラウザー賞(ドイツ推理作家協会賞)新人賞を受賞。同書を含む警察小説シリーズで人気を得る。


酒寄進一

(サカヨリシンイチ )

1958年生まれ。ドイツ文学翻訳家。上智大学、ケルン大学、ミュンスター大学に学び、新潟大学講師を経て和光大学教授。主な訳書に、イーザウ《ネシャン・サーガ》シリーズ、ブレヒト『三文オペラ』、ヴェデキント『春のめざめ――子どもたちの悲劇』、セシェ『囀る魚』、シーラッハ『犯罪』『罪悪』『テロ』、ノイハウス『深い疵』、グルーバー『夏を殺す少女』『刺青の殺人者』ほか多数。