テンゴクドオリサツジンジケン

天国通り殺人事件

シュテファン・スルペツキ
北川和代


天国通り殺人事件

ジャンル
海外ミステリ > ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:364ページ
初版:2018年7月27日

ISBN:978-4-488-28906-5
Cコード:C0197
文庫コード:M-ス-15-2

装画:市村譲
装幀:藤田知子


内容紹介

ブルグドルファー・ミステリ大賞受賞作

元刑事の“レミング”はある日カフェで見知らぬ男に絡まれる。店を出て路地に逃げ込むと、そこには白い手袋をつけピストルを握った男が。白手袋の男は、“レミング”を追ってきた男の頭を撃ち、なぜかピストルを“レミング”に持たせて立ち去った。このままでは殺人犯にされてしまう! “レミング”は真相を突き止めるため、被害者が働いていた療養所に患者として潜入するが……。訳者あとがき=北川和代


シュテファン・スルペツキ

1962年オーストリア、ウィーン生まれ。ウィーン美術アカデミー卒業後、美術および音楽の教員を経て、1991年に作家、イラストレーターとして独立する。数多くのミステリや児童文学を発表、舞台脚本も手がける。また、バンドを結成し音楽活動も行なっている。 2004年刊行の『探偵レミングの災難』はドイツ推理作家協会賞新人賞(フリートリヒ・グラウザー賞)を受賞。2009年には映画化されて好評を博した。同書を含む〈探偵レミング〉シリーズは4作品が刊行されている。