テンゴクドオリサツジンジケン

天国通り殺人事件

シュテファン・スルペツキ
北川和代


未刊

定価:1,296円 (本体価格:1,200円)

※未刊・近刊の商品につきましてはオンライン書店でお取り扱いしていない場合がございます

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング
  • boox

天国通り殺人事件

ジャンル
海外ミステリ > ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:368ページ
初版:2018年7月27日

ISBN:978-4-488-28906-5
Cコード:C0197
文庫コード:M-ス-15-2

装画:市村譲
装幀:藤田知子


内容紹介

ブルグドルファー・ミステリ大賞受賞作

私立探偵レミングの目の前で、男が突然頭を撃たれて死んだ。殺人の濡れ衣をきせられかねないと思った彼は、犯人の白手袋の男を探すことにする。ウィーン発の傑作ミステリ!


シュテファン・スルペツキ

1962年オーストリア、ウィーン生まれ。ウィーン美術アカデミー卒業後、美術および音楽の教員を経て、1991年に作家、イラストレーターとして独立する。数多くのミステリや児童文学を発表、舞台脚本も手がける。また、バンドを結成し音楽活動も行なっている。 2004年刊行の『探偵レミングの災難』はドイツ推理作家協会賞新人賞(フリートリヒ・グラウザー賞)を受賞。2009年には映画化されて好評を博した。同書を含む〈探偵レミング〉シリーズは4作品が刊行されている。