スパイガッコウノシンニンキョウカン

スパイ学校の新任教官

スーザン・イーリア・マクニール
圷香織


スパイ学校の新任教官

ジャンル
海外ミステリ > 歴史ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:412ページ
初版:2015年10月23日

ISBN:978-4-488-25505-3
Cコード:C0197
文庫コード:M-マ-25-4

装画:シライシユウコ
装画:内海由


内容紹介

1941年初冬。スパイ任務で心に癒しがたい傷を負ったわたし、マギー・ホープ。辛い記憶を振り払うように、スコットランドにある特別作戦執行部(SOE)の訓練キャンプの鬼教官として、スパイのひよっこたちを鍛え上げていた。そんな折、親友のバレリーナから公演に招待され、エディンバラを訪れることに。だが、舞台で事件が発生して……。マギーがさらなる成長を遂げる、シリーズ第四弾。訳者あとがき=圷香織/解説=穂井田直美


スーザン・イーリア・マクニール

ニューヨーク州バッファローで育つ。ウェルズリー大学卒業後、編集者を経て文筆業に。2012年『チャーチル閣下の秘書』で小説家デビュー。同書はバリー賞(最優秀ペーパーバック部門)を受賞したほか、MWA賞・ディリス賞・マカヴィティ賞の候補に選出された。また、シリーズ続編の『エリザベス王女の家庭教師』『国王陛下の新人スパイ』は、ともにニューヨーク・タイムズのベストセラーリストにランクインした。