ショウロウノコウモリ

鐘楼の蝙蝠

E・C・R・ロラック
藤村裕美


鐘楼の蝙蝠

ジャンル
海外ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:312ページ
初版:2014年3月20日

ISBN:978-4-488-21104-2
Cコード:C0197
文庫コード:M-ロ-7-2

写真:Topical Press Agency/Getty Images
装幀:岩郷重力+WONDER WORKZ。


内容紹介

作家ブルースは、ドブレットと名乗る謎の男に身辺に付きまとわれて神経をとがらせていた。彼を心配する友人の頼みを受けて、新聞記者グレンヴィルはドブレットの住みかを突き止めるが、件の人物は翌日行方をくらませ、空き家からはパリに出立したはずのブルースのスーツケースが発見される。そして部屋からは首と両手首のない遺体が……。謎に次ぐ謎、黄金期本格の妙味溢れる傑作。解説=駒月雅子



E・C・R・ロラック

1894年イギリス、ロンドン生まれ。1931年、ロバート・マクドナルド首席警部が登場するThe Murder on the Burrowsでデビューする。魅力的な幕開け、膨らみゆく謎、意外な真相といった謎解きの醍醐味を味わえるミステリを多数発表、コリンズ社〈クライム・クラブ〉叢書の看板作家となる。英国探偵小説黄金期において、クリスティに比肩する最良の女流作家の一人である。主な著書に『悪魔と警視庁』『鐘楼の蝙蝠』『曲がり角の死体』『ジョン・ブラウンの死体』『死のチェックメント』がある。1958年没。