ウルワシノオルタンス

麗しのオルタンス

ジャック・ルーボー
高橋啓


麗しのオルタンス

ジャンル
海外ミステリ > ミステリ
一般文芸 > 一般文芸
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:300ページ
初版:2009年1月30日

ISBN:978-4-488-18802-3
Cコード:C0197
文庫コード:M-ル-5-1

装画:樋口たつの
装幀:本山木犀


内容紹介

「まるで毛糸玉をもてあそぶ猫のように、ジャック・ルーボーは小説のあらゆる定石と戯れてみせる。その珍重すべき軽やかさが、この上なく楽しい。」――若島正

オルタンスというのは哲学を専攻する美しい女子大生、そしてアレクサンドル・ウラディミロヴィッチは、さる高貴な血を引く猫だ。彼は大哲学者にゴロ鳴きを聞かせるために雇われた雌猫チューチャに心を寄せている。そんな平和な街に起きる連続〈金物屋の恐怖〉事件!深夜0時直前、金物屋で大音響とともに鍋が散乱する。犯人は誰? 動機は何か? 文学実験集団ウリポの一員である詩人で数学者の著者が贈る、珍妙でミステリアスな物語。訳者あとがき=高橋啓



ジャック・ルーボー

1932年12月5日生まれ。フランスの詩人、数学者。日本文学にも造詣が深い。囲碁にも親しむ。潜在的文学工房Oulipo(レイモン・クノー、ジョルジュ・ペレック等)の一員。本書を含む『麗しのオルタンス』のシリーズの他に、『ジャック・ルーボーの極私的東京案内』等多数の著作がある。