カメレオンノカゲ

カメレオンの影

ミネット・ウォルターズ
成川裕子


カメレオンの影

ジャンル
海外ミステリ > サスペンス
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:612ページ
初版:2020年4月10日

ISBN:978-4-488-18713-2
Cコード:C0197
文庫コード:M-ウ-9-13

写真:AlexLinch/Getty Images
装幀:東京創元社装幀室


内容紹介

アクランド英国軍中尉はイラクに派遣され、爆弾で頭部と顔面に重傷を負った。病院で昏睡(こんすい)から目覚めた彼は暴力をふるい、極端な女性嫌悪を示して周囲を戸惑わせる。除隊した彼はロンドンに住むが、ある夜警察に拘束されてしまう。近隣では、軍歴のある一人暮らしの男が自宅で殴殺される事件が続発しており、アクランドは尋問されるが……。巧みな心理描写で紡(つむ)がれる傑作サスペンス。解説=三橋暁



ミネット・ウォルターズ

1949年、イギリス生まれ。幼少期から頭抜けた読書家であり、雑誌編集者を経て小説家となる。1992年にミステリ第1作『氷の家』を発表。いきなり英国推理作家協会(CWA)最優秀新人賞を獲得する。続いて第2作『女彫刻家』でアメリカ探偵作家クラブ(MWA)のエドガー賞長篇賞、マカヴィティ賞長篇賞受賞。1994年『鉄の枷』で、2003年『病める狐』でCWAゴールド・ダガー賞を受賞。名実ともに現代を代表する〈英国ミステリの女王〉として活躍している。