オロカモノノイノリ

愚か者の祈り

ヒラリー・ウォー
沢万里子


愚か者の祈り

ジャンル
海外ミステリ > 警察小説
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:334ページ
初版:2005年6月24日

ISBN:978-4-488-15206-2
Cコード:C0197
文庫コード:M-ウ-2-6


装幀:岩郷重力+WONDER WORKZ。


内容紹介

5月の朝、少年たちが見つけたのは、若い女性の死体だった。砕かれた顔。切り裂かれた胴体。老練なダナハー警部と若いマロイ刑事は、被害者の身元を知るため、頭蓋骨から容貌の復元を試みる。復元された顔が導き出したのは、夢を抱いて故郷を出た少女が惨殺されるまでの、空白の5年間だった。空白を埋め、犯人を求めて、二人はニューヨークへ、そしてニュージャージーへ……。『失踪当時の服装は』と並ぶ警察小説の巨匠の初期傑作。解説=川出正樹

*第3位『IN★POCKET』文庫翻訳ミステリーベスト10/作家部門
*第10位『IN★POCKET』文庫翻訳ミステリーベスト10/総合部門
*第5位『2006本格ミステリ・ベスト10』/海外ランキング


ヒラリー・ウォー

1920年アメリカ生まれ。1952年に刊行した『失踪当時の服装は』で注目されて以降、地方都市を舞台にした警察小説を発表。コネティカット州ストックフォード警察署のフェローズ署長を主人公にしたシリーズは、『事件当夜は雨』『冷えきった週末』など、本格ミステリの妙味溢れる緻密な秀作が多い。1989年にMWAから生涯功労賞を贈られる。翌年『この町の誰かが』を発表、健筆ぶりを示した。2008年没。