007カジノロワイヤル

007/カジノ・ロワイヤル

  【新訳版】

イアン・フレミング
白石朗


007/カジノ・ロワイヤル

ジャンル
海外ミステリ > スパイ小説
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
ジェームズ・ボンド・シリーズ

判型:文庫判
ページ数:294ページ
初版:2019年8月23日

ISBN:978-4-488-13809-7
Cコード:C0197
文庫コード:M-フ-10-1

装画:miltata
装幀:大岡喜直(next door design)


内容紹介

イギリスが誇る秘密情報部で、ある常識はずれの計画がもちあがった。ソ連の重要なスパイで、フランス共産党系労組の大物ル・シッフルを打倒せよ。彼は党の資金を使いこみ、高額のギャンブルで一挙に挽回しようとしていた。それを阻止し破滅させるために送りこまれたのは、冷酷な殺人をも厭(いと)わない007のコードをもつ男──ジェームズ・ボンド。007初登場作を新訳でリニューアル! 解説=杉江松恋


イアン・フレミング

イギリスの作家。1908年生、1964年歿。ジャーナリスト出身で、一時諜報活動に従事していたことがある。1953年から、敵にも女性にもめっぽう強い、優雅な英国紳士のスパイ、007ジェームズ・ボンドの活躍する作品を書き始めた。これが1963年から年1冊の割で映画化され、ことに『ロシアから愛をこめて』が全世界で大ヒットとなり、一躍、作者と007の名を高めた。


白石朗

(シライシロウ )

1959年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。訳書にディック「ジョーンズの世界」、キング「11/22/63」「アンダー・ザ・ドーム」、ブラッティ「ディミター」、グリシャム「ペリカン文書」「アソシエイト」、ヒル「ホーンズ 角」など多数。