007バラトケンジュウ

007/薔薇と拳銃【新版】

イアン・フレミング
井上一夫


007/薔薇と拳銃【新版】

ジャンル
海外ミステリ > スパイ小説
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
ジェームズ・ボンド・シリーズ

判型:文庫判
ページ数:298ページ
初版:1964年5月15日
改版:2007年6月29日

ISBN:978-4-488-13807-3
Cコード:C0197
文庫コード:M-フ-10-5

写真:(C)David Buffington/Getty Images
装幀:東京創元社装幀室


内容紹介

【007映画最新作『007/クォンタム・オブ・ソラス』原作「ナッソーの夜」収録】
英国秘密情報部の腕利きエージェント、007ことジェームズ・ボンド。祖国の平和と安寧のため、世界を股にかけ危険な任務を遂行する。パリ郊外の静かな森に隠れ潜むソ連の情報機関を破壊する「薔薇と拳銃」、ジャマイカで荘園主夫妻を殺害した、凶悪なナチの残党の男を暗殺する「読後焼却すべし」、ローマからベニスに通じる麻薬密輸ルートを追跡する「危険」など短編全5編を収録。解説=石上三登志


目次

「薔薇と拳銃」
「読後焼却すべし」
「危険」
「珍魚ヒルデブランド」
「ナッソーの夜」


イアン・フレミング

イギリスの作家。1908年生、1964年歿。ジャーナリスト出身で、一時諜報活動に従事していたことがある。1953年から、敵にも女性にもめっぽう強い、優雅な英国紳士のスパイ、007ジェームズ・ボンドの活躍する作品を書き始めた。これが1963年から年1冊の割で映画化され、ことに『ロシアから愛をこめて』が全世界で大ヒットとなり、一躍、作者と007の名を高めた。