ツメタイカワガヨブ

冷たい川が呼ぶ〈下〉

マイクル・コリータ
青木悦子


冷たい川が呼ぶ〈下〉

ジャンル
海外ミステリ > ミステリ

判型:文庫判
ページ数:316ページ
初版:2012年9月28日

ISBN:978-4-488-11705-4
Cコード:C0197
文庫コード:M-コ-12-3

装画:引地渉
装幀:中村聡


内容紹介

エリックは好奇心から口にしたプルート水の壜が、なぜかどんどん冷えていくことに気づく。さらに水は、ヴァイオリンを弾く少年の幻覚を見せる。様々な幻覚に襲われ始めたエリックは、キャンベルが生きていれば116歳になるはずで、殺しも辞さない悪党だったことを知る。では93歳のキャンベルは何者なのか。ここでいったい何があったのか。期待の新鋭が放つ、鮮やかな一大巨編! 解説=吉野仁



マイクル・コリータ

1982年、アメリカ生まれ。22歳のときに私立探偵リンカーン・ペリーが主人公のハードボイルド小説『さよならを告げた夜』を上梓し、アメリカ探偵作家?楽部(MWA)のエドガー賞処女長篇賞にノミネートされる。シリーズはその後4作目まで発表されている。初のノン・シリーズ作品『夜を希う』ではLAタイムズ最優秀ミステリ賞を受賞。主な作品に『冷たい川が呼ぶ』(2010)、The Cypress House(2011)、The Prophet(2012)、Those Who Wish Me Dead(2014)など。