コクイフジンノカオリ

黒衣婦人の香り

ガストン・ルルー
石川湧


黒衣婦人の香り

ジャンル
海外ミステリ > スリラー
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
ジョゼフ・ルールタビーユ・シリーズ

判型:文庫判
ページ数:374ページ
初版:1976年3月19日

ISBN:978-4-488-10802-1
Cコード:C0197
文庫コード:M-ル-2-2

写真:Gary Isaacs/Getty Images
装幀:柳川貴代+Fragment


内容紹介

忌まわしき『黄色い部屋の謎』の事件から2年ほどあと、青年記者ルールタビーユは再び悪夢のような事件に巻きこまれる。こたびの舞台は、南仏海岸に偉容を誇る古城〈ヘラクレス砦〉。相次いで事件を起こし、美しきマチルドをはじめ、砦の滞在客をおびやかすのは、神出鬼没のバルメイエなのか。前作で明かされなかった〈黒衣婦人の香り〉の秘密がヴェールを脱ぐ、ファン必読の書!


ガストン・ルルー

1868年パリ生まれ。パリ大学卒。『ル・マタン』紙の海外特派員となりヨーロッパや中東を飛び回っていたが、1904年にデビュー長編La Double Vie de Théophraste Longuetを発表し、職業作家に転じる。古風で波瀾万丈な物語を紡ぎだして大変な評判をとり、1907年に発表された『黄色い部屋の謎』は密室ミステリの歴史的名作として名高い。他の著作に『オペラ座の怪人』『黒衣婦人の香り』『ガストン・ルルーの恐怖夜話』などがある。1927年没。