カナリアサツジンジケン

カナリア殺人事件

  【新訳版】

S・S・ヴァン・ダイン全集2

S・S・ヴァン・ダイン
日暮雅通


カナリア殺人事件

ジャンル
海外ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
ファイロ・ヴァンス・シリーズ

判型:文庫判
ページ数:396ページ
初版:1959年5月5日
改版:2018年4月20日

ISBN:978-4-488-10320-0
Cコード:C0197
文庫コード:M-ウ-1-2

装画:唐仁原多里
装幀:折原若緒/フォーマット:本山木犀


内容紹介

ブロードウェイで男たちを手玉に取りつづけてきた美しきマーガレット・オウデルが、密室で無残に殺害される。カナリアというあだ名のもと女優殺人事件の容疑者は、わずかに四人。矛盾だらけで不可解きわまりない犯罪に挑むのは、名探偵ファイロ・ヴァンス。彼は独創的な推理手法で、犯人を突き止めようとするが──。著者がその名声を確固たらしめたシリーズ第二弾、新訳で登場! 解説=三橋暁


S・S・ヴァン・ダイン

アメリカの作家。1887年生まれ。本名はウィラード・H・ライトといい、 美術評論家として一家を成していたが、 病気療養中に二千冊の推理小説を読破し、 自らS・S・ヴァン・ダインの変名に隠れて創作の筆をとった。 学究肌の探偵ファイロ・ヴァンスの登場する十二の作品は、 すべて本文庫に収録されている。 『グリーン家殺人事件』 『僧正殺人事件』 を頂点とする心理的探偵法で一世を風靡した。 1939年歿。


日暮雅通

(ヒグラシマサミチ )

1954年生まれ。青山学院大学卒。翻訳家。日本推理作家協会、日本文藝家協会会員。訳書に、ドイル『新訳シャーロック・ホームズ全集』、ウィルソン『千の嘘』、スタシャワー『コナン・ドイル伝』など多数。