センジダイソウサモウ

戦時大捜査網

岡田秀文


在庫僅少

定価:2,200円 (本体価格:2,000円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • Book Liveで購入する
  • BOOK☆WALKERで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • Googleブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • ibooksで購入する
  • kinoppyで購入する
  • 楽天koboで購入する
  • Readerstoreで購入する
  • Yondemillで購入する

戦時大捜査網

ジャンル
国内ミステリ > 時代本格
国内ミステリ > サスペンス
国内ミステリ > 警察小説

判型:四六判上製
ページ数:334ページ
初版:2020年2月28日

ISBN:978-4-488-02806-0
Cコード:C0093

装画:影山徹
装幀:岩郷重力+K.K


内容紹介

杳として知れない死体の身元、特高や軍の横槍、迫る大空襲。戦争のため五名にまで人員を削減された警視庁特捜隊は、真実を求めて懸命に捜査を続ける。本格捜査小説の傑作!


岡田秀文

(オカダヒデフミ )

1963年東京都生まれ、明治大学農学部卒。1999年、短編「見知らぬ侍」で第21回小説推理新人賞を受賞してデビュー、2002年には長編『太閤暗殺』で第5回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。以降、時代推理と歴史小説を書き続ける。13年に名探偵月輪龍太郎シリーズ第一弾『伊藤博文邸の怪事件』を刊行、シリーズ第二弾『黒龍荘の惨劇』は日本推理作家協会賞、本格ミステリ大賞双方の候補に挙げられた。おもな著書に『秀頼、西へ』『最後の間者』『信長の影』『海妖丸事件』などがある。