ケツダンノトキ

決断の刻

堂場瞬一


決断の刻

ジャンル
国内ミステリ > 警察小説

判型:四六判上製
ページ数:348ページ
初版:2019年7月31日

ISBN:978-4-488-02800-8
Cコード:C0093

写真:Andrei Spirache/Getty Images
装幀:中村聡


内容紹介

あるコンサルティング会社の社長今川と警部、原は、かつてネタ元と刑事として、ある事件を解決し、深い信頼関係を築いていた。その社の贈賄事件を内偵していた刑事の失踪、同社社員の死と女性社員の失踪は何を意味するのか?


堂場瞬一

(ドウバシュンイチ )

1963年茨城県生まれ。青山学院大学国際政治経済学部卒業。新聞社勤務の傍ら、2000年に『8年』で第13回小説すばる新人賞を受賞してデビュー。13年から創作活動に専念。警察小説、スポーツ小説などで幅広い読者を獲得している。また海外ミステリ・ファンとしてもその名を轟かせている。著書に「刑事・鳴沢了」シリーズ、「警視庁失踪課・高城賢吾」シリーズ、「アナザーフェイス」シリーズ、「捜査一課・澤村慶司」シリーズ等のシリーズと、『Killers』、『バビロンの秘文字』等多数。