著作一覧


堂場瞬一

(ドウバシュンイチ )

1963年茨城県生まれ。青山学院大学国際政治経済学部卒業。新聞社勤務の傍ら、2000年に『8年』で第13回小説すばる新人賞を受賞してデビュー。13年から創作活動に専念。警察小説、スポーツ小説などで幅広い読者を獲得している。また海外ミステリ・ファンとしてもその名を轟かせている。著書に「刑事・鳴沢了」シリーズ、「警視庁失踪課・高城賢吾」シリーズ、「アナザーフェイス」シリーズ、「捜査一課・澤村慶司」シリーズ等のシリーズと、『Killers』、『バビロンの秘文字』等多数。

表示順
昇順・降順
表示件数

該当商品3件中、1〜3件目を表示


国内ミステリ  >> 警察小説

決断の刻

決断の刻

堂場瞬一

定価:1,870円  ISBN:978-4-488-02800-8

在庫あり  初版:2019年7月31日

あるコンサルティング会社の社長今川と警部、原は、かつてネタ元と刑事として、ある事件を解決し、深い信頼関係を築いていた。その社の贈賄事件を内偵していた刑事の失踪、同社社員の死と女性社員の失踪は何を意味するのか? 


国内ミステリ  >> 警察小説

穢れた手

穢れた手

堂場瞬一

定価:858円  ISBN:978-4-488-45411-1

在庫あり  初版:2016年4月22日

松城署の同期の刑事二人桐谷と高坂。高坂は収賄容疑で逮捕されたが、処分保留で釈放。贈賄側も同様に釈放される。逮捕時に決まっていた解雇を桐谷は撤回させたいと行動を始めた。警察組織の闇。 


国内ミステリ  >> 警察小説

穢れた手

穢れた手  【単行本版】

堂場瞬一

定価:1,760円  ISBN:978-4-488-02711-7

在庫なし  初版:2013年1月25日

収賄容疑で逮捕された同期の刑事が処分保留で釈放された。親友の彼の名誉を回復すべく、ひとり捜査を開始する桐谷。しかし関係者が殺され、事態は思いもかけない展開を…。 


該当商品3件中、1〜3件目を表示