ウシロカラアルイテクルビショウ

うしろから歩いてくる微笑

樋口有介


うしろから歩いてくる微笑

ジャンル
国内ミステリ > ハードボイルド
国内ミステリ > 私立探偵小説
レーベル
創元クライム・クラブ
シリーズ
柚木草平シリーズ

判型:四六判上製
ページ数:380ページ
初版:2019年7月19日

ISBN:978-4-488-02561-8
Cコード:C0093

装画:最上さちこ
装幀:西村弘美


内容紹介

鎌倉在住の薬膳研究家と知り合った俺・柚木草平。10年前に失踪した同級生の目撃情報が鎌倉周辺で増えているので調べてほしいと、彼女はいう。早速鎌倉の〈探す会〉事務局を訪ねるが、これといった話は聞けなかった。その晩、事務所で会った女性が殺害されてしまう。急遽、失踪事件から殺人事件に調査を切り替えた柚木が見つけた真実とは? 月刊EYESの小高直海らおなじみのキャラクターに加え、神奈川県警の女性刑事など今回の事件も美女づくし。『彼女はたぶん魔法を使う』からおよそ30年、円熟の〈柚木草平シリーズ〉第12弾。


樋口有介

(ヒグチユウスケ )

1950年群馬県生まれ。國學院大學中退。88年、『ぼくと、ぼくらの夏』でサントリーミステリー大賞読者賞を受賞しデビュー。『風少女』が第103回直木賞候補となる。『彼女はたぶん魔法を使う』に始まる〈柚木草平シリーズ〉をはじめ、青春味溢れる作品で人気を博す。著作は他に、『林檎の木の道』『雨の匂い』『ピース』『夢の終わりとそのつづき』『捨て猫という名前の猫』などがある。