アカイイトノウメキ

赤い糸の呻き

  【単行本版】

西澤保彦


赤い糸の呻き

ジャンル
国内ミステリ > ミステリ
国内ミステリ > 短編集

判型:四六判上製
ページ数:270ページ
初版:2011年8月15日

ISBN:978-4-488-02480-2
Cコード:C0093

装画:諏訪さやか
装幀:水野哲也(Watermark)


内容紹介

結婚式場へ向かうエレベータ内で、指名手配犯を監視していた二人の刑事。突然の停電後に、なんと乗客のひとりが殺害されていた。もっとも怪しいのは、手や服を血で汚した指名手配の男だが……。表題作「赤い糸の呻き」をはじめ、犯人当てミステリ「お弁当ぐるぐる」、都筑道夫の〈物部太郎シリーズ〉のパスティーシュ「墓標の庭」など、全五編を収録。“西澤保彦ワールド”全開ともいえる、著者入魂の短編集。著者あとがき=西澤保彦

*第10位 『2012本格ミステリ・ベスト10』国内ランキング


西澤保彦

(ニシザワヤスヒコ )

1960年高知県生まれ。アメリカ・エカード大学創作法専修卒。第1回鮎川哲也賞最終候補を経て、95年『解体諸因』でデビュー。〈匠千暁〉シリーズや、〈神麻嗣子〉シリーズ、〈腕貫探偵〉シリーズで人気を博す。近著に『探偵が腕貫を外すとき 腕貫探偵、巡回中』『下戸は勘定に入れません』『さよならは明日の約束』などがある。