第18回鮎川哲也賞受賞

ナナツノウミヲテラスホシ

七つの海を照らす星

  【単行本版】

七河迦南


七つの海を照らす星

ジャンル
国内ミステリ > 本格ミステリ
国内ミステリ > 連作短編集
国内ミステリ > 鮎川哲也賞

判型:四六判上製
ページ数:310ページ
初版:2008年10月1日

ISBN:978-4-488-02437-6
Cコード:C0093

装画:ヨシツギ
装幀:緒方修一


内容紹介

児童養護施設の群像劇から浮かび上がる「大きな物語」

様々な事情から、家庭では暮らせない子どもたちが生活する児童養護施設「七海学園」。ここでは「学園七不思議」と称される怪異が生徒たちの間で言い伝えられ、今でも学園で起きる新たな事件に不可思議な謎を投げかけていた。

孤独な少女の心を支える“死から蘇った先輩”。非常階段の行き止まりから、夏の幻のように消えた新入生。女の子が六人揃うと、いるはずのない“七人目”が囁く暗闇のトンネル……七人の少女をめぐるそれぞれの謎は、“真実”の糸によってつながり、美しい円環を描いて、希望の物語となる。

繊細な技巧が紡ぐ短編群が「大きな物語」を創り上げる、第18回鮎川哲也賞受賞作。


目次

「今は亡き星の光も」
「滅びの指輪」
「血文字の短冊」
「夏期転住」
「裏庭」
「暗闇の天使」
「七つの海を照らす星」



七河迦南

(ナナカワカナン )

東京都出身。早稲田大学第一文学部卒。2008年、『七つの海を照らす星』で第十八回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。