ランポノキセキ

乱歩の軌跡

父の貼雑帖から

平井隆太郎


在庫あり

定価:4,730円 (本体価格:4,300円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • Book Liveで購入する
  • BOOK☆WALKERで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • Googleブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • ibooksで購入する
  • kinoppyで購入する
  • 楽天koboで購入する
  • Readerstoreで購入する
  • Yondemillで購入する

乱歩の軌跡

ジャンル
ノンフィクション・その他 > 評論・研究

判型:A5判函入
ページ数:254ページ
初版:2008年7月30日

ISBN:978-4-488-02430-7
Cコード:C0095


装幀:Fragment(西山孝司・柳川貴代)


内容紹介

平井太郎はいかにして江戸川乱歩となりしか──。乱歩手製の自伝『貼雑年譜』を読み解きながら、職業と住居の大遍歴を経て徐々に完成されていく探偵小説界の巨人・乱歩の実像に迫る。1978〜79年刊行の『江戸川乱歩全集』月報に連載された「乱歩の軌跡 父の貼雑帖から」全25回の文章に、『貼雑年譜』の該当頁や往時の写真等を配した一書。最も身近に接した家族にして社会学者である著者が辿る“乱歩の軌跡”とは。巻頭エッセイ=戸川安宣/解説=浜田雄介

*2009年2月28日 NHK-BS2「週刊ブックレビュー」で、建築探検家・坂口恭平氏が紹介。