シンホンカクモウコカイノボウケン

新本格猛虎会の冒険

北村薫
有栖川有栖


新本格猛虎会の冒険

ジャンル
国内ミステリ > アンソロジー

判型:新書判並製
ページ数:246ページ
初版:2003年3月28日

ISBN:978-4-488-02376-8
Cコード:C0093

装画:いしいひさいち
装幀:大山彩


内容紹介

熱烈な阪神タイガース・ファンの推理作家たちが、その熱い思いを小説に託した、阪神タイガース熱烈応援ミステリ・アンソロジー。全編書下し。

●収録作品
逢坂剛「阪神タイガースは、絶対優勝するのである!」(序文)
北村薫「五人の王と昇天する男達の謎」
小森健太朗「一九八五年の言霊」
エドワード・D・ホック「黄昏の阪神タイガース」
白峰良介「虎に捧げる密室」
いしいひさいち「犯人・タイガース共犯事件」
黒崎緑「甲子園騒動」
有栖川有栖「猛虎館の惨劇」
佳多山大地「虎への供物」(解説)


北村薫

(キタムラカオル )

1949年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。89年『空飛ぶ馬』でデビュー。91年『夜の?』で第44回日本推理作家協会賞、2006年『ニッポン硬貨の謎』で第6回本格ミステリ大賞、09年『鷺と雪』で第141回直木賞を受賞。16年、第19回日本ミステリー文学大賞受賞。著書に『秋の花』『スキップ』『ターン』『覆面作家は二人いる』『街の灯』『冬のオペラ』『盤上の敵』『八月の六日間』『詩歌の待ち伏せ』『ミステリは万華鏡』等がある。


有栖川有栖

(アリスガワアリス )

1959年大阪府生まれ。同志社大学卒。89年『月光ゲーム』でデビュー。2003年『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞、08年『女王国の城』で第8回本格ミステリ大賞、17年『幻坂』で第5回大阪ほんま本大賞、18年〈火村英生シリーズ〉で第3回吉川英治文庫賞を受賞。『孤島パズル』『双頭の悪魔』『山伏地蔵坊の放浪』『江神二郎の洞察』など著書多数。