第22回鮎川哲也賞受賞

タイイクカンノサツジン

体育館の殺人

  【単行本版】

青崎有吾


体育館の殺人

ジャンル
国内ミステリ > 本格ミステリ
国内ミステリ > 鮎川哲也賞

判型:四六判上製
ページ数:330ページ
初版:2012年10月15日

ISBN:978-4-488-02310-2
Cコード:C0093

装画:田中寛崇
装幀:水野哲也(Watermark)


内容紹介

第22回鮎川哲也賞受賞作

風ヶ丘高校の旧体育館で、放送部部長が何者かに刺殺された。放課直後で激しい雨が降り、現場は密室状態だった!? 早めに授業が終わり体育館にいた唯一の人物、女子卓球部の部長の犯行だと、警察は決めてかかるが……。死体発見現場にいあわせた卓球部員・柚乃は、嫌疑をかけられた部長のために、学内随一の天才・裏染天馬に真相の解明を頼んだ。なぜか校内で暮らしているという、アニメオタクの駄目人間に──。しかしなぜ彼は校内に住んでいるんだろう? 「エラリー・クイーンを彷彿とさせる論理展開+学園ミステリ」で贈る、21歳の新鋭のデビュー作。

各選考委員大絶賛!!
学園を舞台にしたミステリだから、校内で殺人を、しかも不可能犯罪を起こす。当たり前のようでいて、なぜか最近巧妙に避けられている気がする展開に、堂々と挑んだ姿勢に拍手したくなりました。(芦辺拓)

クイーンに対する敬意が、はっきりとうかがえ、その点で実に嬉しい作品だった。劇場に残された帽子から推理を組み立てるように、何でもない傘一本から、あれこれ考えていくやり方には、読んでいて、にこにこしてしまった。(北村薫)

中村青司建築シリーズのパロディとわかったときは笑わされました。たぶんこの作品名が、作者が構想したときのイメージを、いちばんすんなりと読者に提示しているのでしょう。(辻真先)


*新人賞第3位『ミステリが読みたい!2014年版』国内編



青崎有吾

(アオサキユウゴ )

1991年神奈川県生まれ。明治大学卒。学生時代はミステリ研究会に所属し、2012年『体育館の殺人』で第22回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。エラリー・クイーンを思わせる論理展開と、キャラクターの妙味で人気を博す。著作は他に、『水族館の殺人』『図書館の殺人』『アンデッドガール・マーダーファルス1』『アンデッドガール・マーダーファルス2』『ノッキンオン・ロックドドア』等がある。