オルゴーリェンヌ

オルゴーリェンヌ

北山猛邦


オルゴーリェンヌ

ジャンル
国内ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
ミステリ・フロンティア

判型:四六判仮フランス装
ページ数:382ページ
初版:2014年11月21日

ISBN:978-4-488-01779-8
Cコード:C0093

装画:片山若子
装幀:岩郷重力+WONDER WORKZ。


内容紹介

書物が駆逐される世界。旅を続ける英国人少年クリスは、検閲官に追われるユユと名乗る少女と出会う。追い詰められた二人を救おうと、突如現れた少年検閲官エノ。三人は、少女が追われる原因となった〈小道具(ガジェット)〉をいち早く回収すべく、オルゴールを作り続ける海墟の洋館に向かったが……。そこで彼らを待っていたのはオルゴール職人たちを標的にした連続不可能殺人だった! 先に到着していたもう一人の少年検閲官カルテの支配下に置かれた場所で、三人は犯人を突き止めるべく、トリックの解明に挑む。待望の《少年検閲官》シリーズ最新作。

*第4位『2016本格ミステリ・ベスト10』国内篇
*第6位「ミステリが読みたい!2016年版」国内篇
*第10位『このミステリーがすごい!2016年版』国内編ベスト10
*第10位〈週刊文春〉2015年ミステリーベスト10/国内部門



北山猛邦

(キタヤマタケクニ )

1979年生まれ。2002年、『「クロック城」殺人事件』で第24回メフィスト賞を受賞してデビューする。機械的トリックの案出に強いこだわりを持つ一方、世紀末的かつ叙情的な独自の作品世界を構築し、次代を担う本格ミステリ作家として将来を嘱望されている。他の著書に『少年検閲官』『オルゴーリェンヌ』『踊るジョーカー』『密室から黒猫を取り出す方法』『「アリス・ミラー城」殺人事件』『猫柳十一弦の後悔』『私たちが星座を盗んだ理由』『人外境ロマンス』などがある。