サヨナラヨウセイ

さよなら妖精【単行本版】

米澤穂信


さよなら妖精【単行本版】

ジャンル
国内ミステリ > 青春ミステリ
レーベル
ミステリ・フロンティア

判型:四六判仮フランス装
ページ数:312ページ
初版:2004年2月25日

ISBN:978-4-488-01703-3
Cコード:C0093

写真:(C)KAZUYA YOSHINAGA/W2
装幀:岩郷重力+WONDER WORKZ。


内容紹介

1991年4月。雨宿りをするひとりの少女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。遠い国からはるばるおれたちの街にやって来た少女、マーヤ。彼女と過ごす、謎に満ちた日常。そして彼女が帰国した後、おれたちの最大の謎解きが始まる。覗き込んでくる目、カールがかった黒髪、白い首筋、『哲学的意味がありますか?』、そして紫陽花。謎を解く鍵は記憶のなかに――。忘れ難い余韻をもたらす、出会いと祈りの物語。気鋭の新人が贈る清新な力作。



米澤穂信

(ヨネザワホノブ )

1978年岐阜県生まれ。2001年『氷菓』で第5回角川学園小説大賞奨励賞(ヤングミステリー&ホラー部門)を受賞してデビュー。青春小説としての魅力と謎解きの面白さを兼ね備えた作風で注目され、『春期限定いちごタルト事件』などの作品で人気作家の地位を確立する。11年『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞、14年『満願』で第27回山本周五郎賞を受賞。他の著書に『さよなら妖精』『犬はどこだ』『インシテミル』『追想五断章』『リカーシブル』などがある。