コロス

殺す

  【単行本版】

J・G・バラード
山田順子


殺す

ジャンル
SF > SF
一般文芸 > 一般文芸
レーベル
海外文学セレクション

判型:四六判上製
ページ数:123ページ
初版:1998年9月25日

ISBN:978-4-488-01620-3
Cコード:C0097



内容紹介

ロンドン郊外の高級住宅地で発生した大量殺人事件。32人の大人全員が惨殺され13人の子供が誘拐された。精神分析医グレヴィルは迷宮入りしかけた事件の調査に乗りだすが。鬼才作家が現代社会の病に挑んだ予言の書。解説=柳下毅一郎


J・G・バラード

英国を代表する作家。1930年、上海生まれ。「人間が探求しなければならないのは、外宇宙(アウター・スペース)ではなく、内宇宙(インナー・スペース)だ」として、SFの新しい波(ニュー・ウェーブ)運動の先頭に立った。終末世界を独自の筆致で美しく描き出した〈破滅三部作〉と呼ばれる『沈んだ世界』『燃える世界』『結晶世界』や、濃縮小説(コンデンスト・ノベル)と自ら名づけた手法で書き上げた短編を発表し、その思弁性が多くの読者を魅了した。『太陽の帝国』はスピルバーグ監督、『クラッシュ』はクローネンバーグ監督、『ハイ・ライズ』はベン・ウィートリー監督によって映画化された。他の著作に《J・G・バラード短編全集》全5巻、『殺す』『コカイン・ナイト』『人生の奇跡J・G・バラード自伝』など。2009年没。


山田順子

(ヤマダジュンコ )

1948年福岡県生まれ。立教大学社会学部社会学科卒業。主な訳書にアーモンド『肩胛骨は翼のなごり』『ミナの物語』、キング『スタンド・バイ・ミー』、プルマン『マハラジャのルビー』、マーヒー『マディガンのファンタジア』『不完全な魔法使い』、アンソニー〈魔法の国ザンス〉シリーズなど。